【痩せるお茶】青の花茶が口コミでも人気のダイエットティー

目次

青の花茶とは?

『青の花茶』とは、SNSや雑誌にも取り上げられて、健康や美容に敏感な女性たちから高い支持を得ている今話題のデトックス効果が高いお茶です。

『青の花茶』はオリエンタルブルーが特徴のバタフライピーから作られています。ただ、綺麗な水色を出すのはとても難しい技術が必要で、”楽しんで続けて欲しい”という開発者の思いから研究が続けられた結果、綺麗な青色を楽しめる上に美味しいという青の花茶が誕生しました。

『青の花茶』の最大の特徴でもある綺麗なオリエンタルブルーの水色は、心理学的に『リラックス効果』と『制御』があると言われています。心を落ち着かせ、リラックスとダイエットの両方の効果が期待できるのが『青の花茶』というわけなんです。

そして、開発者が一番力を入れたのが”味”。

『青の花茶』がどんなにリラックスやダイエット効果が高くても、美味しくなければ楽しく続けることは出来ないですよね。試行錯誤を重ねて、PCやスマホで目を酷使しがちな現代の女性のトータルケアにピッタリな味も見た目も完璧なお茶が作られたのです。

また、『青の花茶』のこだわりはそれ以外にもあります。

それは、お茶にはカテキンが含まれていて、それらは殺菌作用に優れている反面、腐敗しやすいという特徴があります。そして、カテキンは時間がたつとタンニンという渋み成分へ変化してしまいます。青の花茶はパックを入れたまま、マイボトルで持ち歩いても美味しく飲めるようにタンニンが出にくい仕様にもこだわって作られています。自分の好きなスタイルで青の花茶を楽しめるように、開発者の様々な思いが詰まっている商品なのです。

『青の花茶』はこんな人にオススメ!

  • ・ダイエット中でも甘いものがやめられない
  • ・昔より太りやすくなって痩せづらくなった
  • ・どんなダイエット方法も続けられない
  • ・最新の美容法に目がない
  • ・しっかりと効果が実感できるダイエットを実践したい
  • ・PCやスマホを酷使するので目が疲れやすい

 

青の花茶が『痩せるお茶』と話題になっているけど本当?

青の花茶が痩せるお茶と言われているのはノンカロリー・ノンシュガー・ノンカフェインのお茶だからですが、それだけではダイエット効果があるとは言い切れないですよね。でも、成分を調べてみると青の花茶にはダイエットに効果が高い痩せるお茶が多くブレンドされていることが分かりました。それらの効果効能を詳しくご紹介したいと思います。

【甜茶】

甜茶の『甜』は舌に甘いと書きます。この漢字のとおり、甜茶はお砂糖を入れたように甘くて美味しいお茶なんです。しかも、甜茶に含まれる甘味成分には体内に蓄えられないという特徴があります。

甜茶に含まれる痩せるお茶成分

・ベタイン

肝機能を向上させてコレステロールを下げる効果があり、これによって高い肥満防止効果が期待できます。ある実験では、肥満ラットに甜茶を9週間与え続けたところ血糖値が下がり体重が減少する効果が見られました。肥満防止の他にも糖尿病予防にも高い効果があることが実証されています。

・ルプソシド

甘い物が好きな人の体内には、気づかないうちに大量の糖が蓄積されており、便秘の原因となってしまいます。甜茶に含まれる甘味成分であるルプソシドは糖を分解する酵素の分泌を活性化する働きがあります。これによって体内の糖が分解されてダイエット効果が期待できるのです。

【アマチャヅル】

古くからアマチャヅルの葉や薬草として親しまれおり、その健康効果は昔から認められていました。1970年代に日本生薬学会でアマチャヅルに含まれる成分が高麗人参と同様の成分が豊富に含まれていることが分かり注目が集まりました。

アマチャヅルに含まれる痩せるお茶成分

・サポニン

食事から摂った栄養分が分解されてブドウ糖として腸内で吸収される際に、脂肪と結合するのを防ぐ働きがあります。ブドウ糖と脂肪が結合すると体内脂肪として、身体に蓄積されることで肥満の原因となりますがこのサポニンの働きによって余分な脂肪を蓄えることを防ぐため太りにくくなります。また、サポニンには血液中のコレステロールや中性脂肪を下げる効果もあることから血流が良くなり基礎代謝が上がり痩せやすい身体を作りだしてくれます。

・フラボノイド

ポリフェノールの一種であるフラボノイドは抗酸化作用があり、血管壁を強化して血液の循環を良くする働きがあります。また、サポニンとの相乗効果により生活習慣病の予防にも効果が期待できます。

【ラフマ】

モンゴルから中国の北部にかけて自生しており、雑草の部類になります。ラフマを漢字で書くと”羅布麻”です。非常に食物繊維が多いことから麻と同じ用途で用いられることからこの名称が使われています。

ラフマに含まれる痩せるお茶成分

・フラボノイド

様々な病気の予防にも効果があるとされているポリフェノールの代表がフラボノイドです。フラボノイドは身体に害をもたらす活性酸素を除去する働きがあります。また、アメリカ・ハーバード公衆衛生大学院の研究チームが行った大規模な研究ではフラボノイドの摂取量が増えると体重増加が抑制されるという関係性が発表されました。

・ハイペロサイデとイソクエルシトリン

ラフマに含まれるこの2つの成分が腸でケルセチンという物質に変化をします。これは、玉ねぎにも含まれている成分で血液をサラサラにする効果が期待できます。この成分はうつ状態回復にも働きかけることが分かっており、ラットによる実験ではうつ状態が改善されたというデータもあります。更に、脂肪を落としてコレステロールを低下させる作用もあることから脂肪の蓄積を抑えれます。

【メグスリノキ】

日本にだけ生息している珍しい木です。昔はメグスリノキの樹皮や葉を煎じた汁で目を洗って薬として用いたことからこの名前が付けられました。

メグスリノキに含まれる痩せるお茶成分

・α-アミリン

α-アミリンは強い利尿作用があるため体内に溜まった毒素を排出してくれる働きがあります。毒素が排出されることで腎臓や肝臓の機能が高まることから、むくみも改善されてダイエットに高い効果をもたらせてくれます。

・β-システロール

植物コレステロールの一種で、悪玉コレステロールを減少させる役割があります。そのため、β-システロールを摂取していると動脈硬化を防いだり、糖尿病予防にも効果があります。また、β-システロールは肌に潤いを与える働きがあるため美容効果も高い成分となっています。

【気になる味】青くて綺麗なんだけど味ってどうなの?

青の花茶は紅茶や緑茶のような味がするのかな?と想像する方が多いと思いますが、実際は違います。味に関しては、味覚の違いで人によって様々な感じ方があるようで、「とても甘くて美味しかった」という方もいれば「全く甘くないし美味しくない」という口コミもありました。

これは、個々によって味覚が違うので美味しいと思うか、思わないかはどうしても2つに分かれてしまいます。青の花茶は温度によって甘さが変わる特徴を備えているので、それもこれらの口コミの原因となっているのではないかなっと思います。

ただ、多くの口コミを確認してみるとやはり大半の方が、

  • ・甘さがちょうど良い
  • ・甘いお菓子のような感じ
  • ・お砂糖を入れたハーブティーのような感じ

という感想をもっていました。

また、ストレートが好みの方は青の花茶の甘味は苦手に思う方が多いようです。しかし、青の花茶はアレンジによって味を変えることが出来るのも魅力の1つです。例えば、レモンの絞り汁を少したらすとお茶の色が青から紫に変わり、味も爽やかになります。見た目も味も七変化で楽しめるダイエットティーは青の花茶くらいだと思います。

【飲み方】青の花茶は水出しがオススメ!その理由とは?

青の花茶はお湯でも水出しでも美味しく飲めますが、特にオススメなのが水出しです。お湯で入れたものよりも、味や栄養に優秀な面がたくさんあるからです。水出しがオススメな理由を詳しくご紹介したいと思います。

青の花茶は水出しで甘味や旨味がUPする!?

青の花茶は、茶葉の成分である”カテキン”が含まれています。カテキンは苦みの原因とされていて、低い温度では出ずらい特徴をもっています。そのため、青の花茶を水出しすることで、お湯よりもまろやかで苦みを抑えることができます。また、甘味成分であるテアニンもお湯よりも水出しの方が残りやすいと言われています。

水出しなら栄養素を多く摂れる

ビタミンCは熱に弱く高温の状態を維持していると壊れてなくなってしまいます。水出しであれば、ビタミンCを壊さずにしっかりと栄養を摂ることが出来ます。また、テアニンも低温の水の方が良く抽出される特徴があります。

少量の茶葉でも水出しなら、たくさん飲める

水出しの場合、茶葉が開くのが遅いため抽出するのにしばらく時間が掛かります。お湯で淹れるよりも時間が掛かりますが、少量の茶葉でたくさんの量を飲むことが出来ます。

健康を考えるならお湯だしでもOK

煮出しで作るとカテキンが抽出されやすくなります。カテキンは血糖値上昇や肥満を予防する効果があるので、健康面を気にして青の花茶を飲む場合は煮出しでも良いでしょう。

青の花茶の効果的な飲み方やアレンジレシピ

青の花茶の飲み方に関してですがノンカフェイン・ノンシュガー・ノンカロリーなので基本的にはいつ飲んでもOKと公式サイトでも記載されています。ダイエットや健康維持など様々な効果を発揮してくれる青の花茶なのでどうせ飲むなら、より効果的に飲みたいものですよね。

青の花茶の効果的な飲み方を知って、みんなに差を付けちゃいましょう!
それでは青の花茶オススメの飲み方を3つ紹介したいと思います。

青の花茶飲み方その①『寝る前に飲む』

実は、睡眠の質はダイエットと深い関係があり、とある調査によると3時間睡眠の人に肥満率は7時間睡眠の肥満率の約80%以上となっています。これは、睡眠中に代謝が行われることや、ホルモンバランスを整えることが理由だと言われています。

青の花茶の魅力は、なんといってもオリエンタルブルーの綺麗な水色です。綺麗な青色は、心をリラックスし抑制する効果があります。寝る前に青の花茶を飲むことで、イライラが改善されリラックスできるため深い眠りにつくことが出来ます。

青の花茶飲み方その②『マイボトルで小腹が空いたら飲む』

ダイエット中の誘惑といえば、甘いケーキやお菓子などの間食ですよね。甘い物は別腹と言われるように、甘いお菓子はいくらでも食べられてしまうものです。そんな、小腹が空いたときの頼もしい味方が、ほどよい甘さがある青の花茶です。

青の花茶はティーポットなどで最大1リットル作ることが出来ます。マイボトルで持ち歩けば出先でも飲むことが可能になります。間食したい!と衝動にかられたときも、青の花茶を飲めば自然な甘さで食欲を抑えてくれます。また、青色は食欲抑制の色なので、透明のボトルで持ち歩けば目から食欲を抑制できるのでこの飲み方もオススメです。

青の花茶飲み方その③『食前に飲む』

いつものように何も考えずにお腹いっぱいに食べていてはダイエットが成功する道のりが遠くなってしまいます。しかし、「ダイエットの為だから・・。」と食事を制限してしまうとどうしてもストレスが溜まってしまい太りやすくなってしまうという悪循環を及ぼします。そこで、青の花茶を食前に飲むことによって、青色の食事抑制効果とほのかな甘さで食べたい!という衝動を抑えることができます。我慢ではなく頭で考えて食欲を抑えることが出来るのでストレスも軽減されるのでオススメです。

青の花茶を楽しむアレンジレシピ

青の花茶に限らず、どんなに効果が高いダイエットティーでも、長く飲み続けると飽きてしまうという弱点があります。でも、青の花茶なら他のお茶に比べてアレンジが自在のため色々なバリエーションを楽しめるので飽きることなく長く飲めちゃうんです。

青の花茶のアレンジレシピをご紹介するので、少し違う味も楽しみたいという時にぜひ、試してみて下さい。

フレッシュオレンジティー

【材料】
・青の花茶(適量)
・オレンジ一1個
・オレンジジュース200cc

作り方は、青の花茶にオレンジかオレンジジュースを絞るだけです。また、生のオレンジを使う場合は輪切りに切ったオレンジをお茶に浮かべるとリゾート感が増して解放的な気分になります。

青の花茶は綺麗な青色ですが、クエン酸が入っているオレンジを絞ると色素反応によって青から紫に色が変わります。味だけでなく色も変わるので目と舌両方で楽しむことができますね。

ソイミルクティー

【材料】
・青の花茶(適量)
・豆乳200cc

濃いめに淹れた青の花茶を豆乳で割るとミルクティーのような味を味わうことができます。豆乳には、イソフラボンが含まれています。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをするため、生理不順など女性特有の悩みにも良い効果をもたらせてくれます。

夏はアイスで寒い日はホットでも楽しむことが出来るのでオススメです。

ココナッツミルクティー

【材料】
・青の花茶(適量)
・ココナッツミルク200cc

中鎖脂肪酸を多く含んでいるココナッツミルクを青の花茶に混ぜることでダイエットの手助けをしてくれます。また、お肌の保温効果も期待することができます。

レモンティー

【材料】
・青の花茶200cc
・レモン半分

レモンを数滴たらすだけで、より爽やかな味へと変化します。また、色素反応によってラベンダー色へと変わります。レモンを切るのが面倒…なんて人は市販のレモン汁でもOKです。

ジンジャーティー

【材料】
・青の花茶200cc
・生姜の絞り汁(適量)
・生姜チューブ(適量)

生姜の絞り汁か生姜チューブをレンジで数秒加熱してから、青の花茶に加えます。血行を良くする効果があるので、冷え性の方にオススメな飲み方です。また、生姜を摂取すると体温が上がります。体温が上がることで新陳代謝が活発になり脂肪燃焼を助けてくれます。

運動前に青の花茶に生姜を入れたお茶を飲めば、汗をかく量が増してダイエット効果を増してくれます。

薬局で青の花茶って売ってるの?

健康茶やダイエット茶などを取り扱っている、薬局には青の花茶が販売されているのかを調べてみました。実際に、私の家の近くにある薬局などで売っているのか調べてみました!

・ウエルシア→取り扱いなし
・マツモトキヨシ→取り扱いなし
・サンドラッグ→取り扱いなし
・セイムス→取り扱いなし
・くすりの福太郎→取り扱いなし
・スギ薬局→取り扱いなし
・ヤックスドラッグ→取り扱いなし
・くすりのセイジョー→取り扱いなし

近所にない薬局は電話で問い合わせてみましたが、どこも取り扱いはしていませんでした。青の花茶は薬局での取り扱いはどこもないみたいですね。

青の花茶をAmazon(アマゾン)や楽天で買ってはいけない理由

薬局で販売されていないということは、青の花茶は通信販売のみで購入できることになりますよね。楽天・Amazonなどで取り扱いはされているのか?価格はどうなのか?を徹底的に調べてみました!

青の花茶は楽天で販売されてる?

楽天で『青の花茶』と検索をすると数件ヒットしました。ここで注意が必要なのが、『ただ青いだけのお茶』が何個か出てきました。これは、青の花茶ではないので間違えて購入しないように注意してください。

楽天で販売されている価格を調べてみると単品で7,000円+送料でした。結構、高いですね・・。どうしても楽天ポイントを貯めたいという方は楽天で青の花茶を購入するのもありだと思います。

青の花茶はAmazonで販売されてる?

Amazonでも検索をしてみると、販売されていました。価格は単品で6,840円で送料は地域によって掛かるようです。楽天、Amazonでも販売されていますが、どれも価格が少し高いなっと印象を受けました。もし、口に合わなかったり、身体に合わなかったらと思うと購入するのを躊躇してしまいますよね。

しかも、楽天やAmazonの場合は公式サイトではないので何かトラブルがあった際に、返品や交換などの対応もしてくれなかったりするようです。安い金額ではないので、これで返金などに応じてくれないとなると青の花茶を購入することを諦めてしまおうとも思ってしまいます。

もっと、お得に安心に購入できる方法はないものかと、調べてみたところ公式サイトが一番お得で安心に購入できることが分かりました!

【お試しに最適】青の花茶の最安値みつけました!

現在、青の花茶は楽天・Amazonで取り扱っていることはご紹介しましたが、どちらも価格が高めなのがネック・・。とりあえず、青の花茶を試してみたい!という方には、向いていない価格設定だと思いまし、最安値で青の花茶が買いたい方にオススメしたい購入先は”公式サイト”です。

青の花茶の単品価格は、楽天では7,000円・Amazonは6,840円ですが、公式サイトでの単品価格は5,680円なので、一番最安値ということになります。そして、公式サイトでは購入する個数によって割引されるのでお得に購入できます。

・青の花茶1袋:5,680円
・青の花茶2袋セット:5%OFFの10,792円
・青の花茶3袋セット:10%OFFの15,336円
・青の花茶5袋セット:15%OFF24,140円

多く購入するほど割引されるのはありがたいですが、初めて試すのに5袋とか購入するのはちょっと、抵抗ありますよね・・。

そのような方のために、公式サイトは「もっと多くの方に青の花茶をお手軽に試してもらいたい」という思いから初回限定で82%OFFの980円(送料無料)で試してみることができちゃうんです!

このお得なキャンペーンは、ラクトクコースという定期コースの特典価格になりますがこのコースは他にもメリットがたくさんあります。

青の花茶ラクトクコースのメリット

・2回目以降もずっと19%OFFの4,580円
・全国どこでもずっと送料無料
・お届け周期の変更OK

4回目を受け取った段階の合計金額は14,720円になります。5袋のセット販売でも割引が適用されて24,140円なので、ラクトクコースがどれだけお得か分かりますよね。

青の花茶を一番お得に購入したい場合は、『公式サイトのラクトクコースから注文する』ことになりますね!

【注意】青の花茶のラクトクコース解約方法は?

ラクトクコースでは、初回82%OFFの980円、2回目以降もずっと19%OFF、全国どこでも送料無料というとてもお得なコースになっているので、青の花茶を注文する方のほとんどがラクトクコースで購入しています。

お得に購入できるから、ラクトクコースを解約するには一定の条件をクリアすることが必要になってきます。

それは、最低4回の継続です。5回目以降はいつでも自由に解約をすることができます。

青の花茶ラクトクコース解約方法

ラクトクコースを途中で解約したいと思った場合には、次回発送の7日前までに必ず電話かメールで解約を伝える必要があります。商品が発送されたあとに連絡をしてしまった場合には、1カ月解約が遅れてしまうので注意して下さい。

FABIUSお客様センター
ナビダイヤル:0570-065-699
受付時間: 10:00~18:00(土日祝日除く)

メール:support@myfabius.jp

青の花茶が痩せないって口コミは本当?

青の花茶の口コミ中には、

・全く痩せなかった
・お茶を飲むだけで痩せるはずがない
・太らなくはなったけど痩せはしなかった

などの意見もありました。

このような口コミの方たちには共通点があり、ほとんどの方が、短期間で青の花茶を飲むことをやめてしまっていました。まず、注意してもらいたいのが『青の花茶は即効性はない』ことです。飲んだ次の日にすぐ痩せるという効果を求めている方には向いていません。

青の花茶でダイエットが成功している方は、早くて1カ月で平均には3ヵ月ほどでした。やはり、2か月程度は飲み続けるくらいでないとダイエットの結果はでないと思っていた方が良いと思います。

”飲んですぐに痩せる”ではなく”飲む続けて痩せる”というのが青の花茶の最大のメリットです。毎朝、コーヒーを飲んでいることが習慣になってる方はコーヒーを青の花茶に変えるだけなので、たいして苦痛ではないと思います。しかし、そういった習慣がない方には毎日飲み続けることはどうしても苦痛に感じてしまい途中でやめてしまうことが多いようです。めんどくさがり屋の方は、一日分を電気ポットなどでまとめて作っておけば手間も省けるので続けやすくなると思います。

 

インスタやTwitterでの青の花茶の評判は?

 

 

インスタやTwitterを見ていると多くの女性が、青の花茶の特徴である綺麗な青色に魅了されているようです。そして、飲んだあとのスッキリ感も好評のようですね。また、アレンジが楽しめる唯一のお茶なので、レモン汁を入れたりして色と味の変化を楽しめるうえに、インスタ映えも同時に演出しているんです。

青の花茶を愛飲している芸能人やモデルさんはいるの?

【丹羽仁希】さん

JELLY専属モデルとして人気の丹羽仁希さんも青の花茶を愛用しています。父親やアメリカ人で母親が日本人のスタイル抜群の美女。青の花茶をインスタで紹介。

【EMILIA(エミリア)】さん

モデル兼ダンサーのEMILIA(エミリア)さんは、就寝前に青の花茶を飲むことで次の日、軽い身体を実感しているようです。青の花茶をインスタで紹介。

【加藤 里奈】 さん

ミス南青山大学グランプリに輝きミスコン活動の他にもモデル活動なども行っています。才色兼備モデルの加藤 里奈 さんも、青の花茶を飲むことでスタイルキープをしているようです。青の花茶をインスタで紹介。

TREND TOPICS

関連記事